伴侶を亡くした70代男性 ダッチワイフに妻の服を着せ替える日々

最愛の妻を亡くした高齢の男性が、その1か月後にこっそりとダッチワイフ(ラブドール)を買い求めていた。「愛する妻だと思い、この子を抱きしめながら眠っている」というその男性。妻の面影しか求めていないという彼は、人形にも彼女が着用していた衣類を着…

これらはソリッドドールズ通販店でとても人気のブランドです!!!

JYラブドールhttps://soliddolls.com/collections/jy-dollAFラブドールhttps://soliddolls.com/collections/af-dollQITAラブドールhttps://soliddolls.com/collections/qita-doll Doll HOUSE 168https://soliddolls.com/collections/doll-house-168DOLL FORE…

僕は彼女に触れた

雨が降りそうな灰色の空、人の往来が絶えない横断橋、ただ緑色をテーマカラーに定める小さいホテルの廊下、ネオンで映される馴染まなくなりそうな町、これらの光景は僕の2019年を構成していた。 その一年での僕はただ一つの考えが一番多かったが、それは生き…

Soliddolls(ソリッドドールズ通販店)人気のラブドール分類です!!!

Soliddolls(ソリッドドールズ通販店)人気のラブドール分類です!!!Soliddolls通販店公式サイト:https://soliddolls.com/Soliddollsのシリコン製ラブドール:https://soliddolls.com/collections/silicone-sex-dollSoliddollsのTPE製ラブドール:https:/…

過去による傷だらけでも

自らに囚われてる窮地に陥る人は過去の深淵から這い出せない。ー前書き この世にこのような女の子がいるんで、彼女はあなたにずっとそばにいて欲しくはなく、ただあなたがこの世に存在しているだけでいいということを知りたく、またあなたが彼女にしか愛を与…

「CLANNAD」ってアニメはラブドール購入のきっかけ?

「団子、団子、団子、団子大家族.....」という歌を聴くたびに、涙が思わず出てくることになっちゃう。「CLANNAD」というアニメは私に数えられないほどの感動をもたらしてきた。最初に大学の頃にこのアニメを知ったんだけど、学校にいる期間にいつも勉強とほ…

これ以下はソリッドドールズ通販店で最も人気のラブドールの分類です

ソリッドドールズBezlyaラブドール:https://www.soliddolls.com/collections/bezlyaソリッドドールズAIBEIdollラブドール:https://www.soliddolls.com/collections/aibei-dollソリッドドールズエルフラブドール:https://www.soliddolls.com/collections/e…

妹の乳首は見えてる!!!

僕は一人の妹がいる。でも、今までもあまり真面目に彼女と話していないでいる。訳が一体何なんだって正直僕もずっと知らなくて、多分いいチャンスとか、雰囲気とかずっと作れていなかったわけかもなあ。とにかく、僕の妹は少しだけツンデレかなと思いきや、…

母は俺にラブドールを???

大学二年の夏休みというもの、ものすごく暑くて、そもそも盛り上がっている性欲をさらにきまぐれにさせる気がする。母は割りたてのスイカを机に置く光景、扇風機の羽が高速で回転することによる見える形、蝉時雨で部屋に静かに寝転んでいる俺、これらの夏ら…

セックスドール無料動画です!

セックスドール無料動画です!ぜひご覧下さいね! (超エロいのもあるのよ!) https://soliddolls.com/pages/lovedoll-videos

小玉(シャオユ)はラブドールなのに

私は一人の大学二年生です。これから私は一体のラブドールと出会いの物語を語ろうと思う。では、始めよう! それは二ヶ月前のことだ。私はある日放課後で一人で帰り道を歩いてると、急に家に近いゴミ捨て場で人間の形のような白い毛布に覆われる怪しいものを…

幼児型ラブドール購入はノルウェーで犯罪?

ノルウェー国営放送局NRKによると、子どもを連想させるラブドールを購入した23歳のノルウェー人男性が6か月の懲役を言い渡された。 幼児・小児に性的嗜好・性的欲求を抱く小児性愛者(ペドフィリア)の犯罪を助長させるとして、ノルウェーではラブドール輸入…

セックスドールは未来に普及?

女性よりも男性の数が多く、男女比率の不均衡が深刻な問題となっている中国。このたび、そんな中国の識者の口から、驚くべき主張が語られた。それは、将来的に中国で結婚適齢期の男性が増加するにつれ、セックスドールの普及・使用が一般化していくというも…

ラブドールを心の支えに生きる「ナカジマさん」の幸福って?

家庭生活に疲れた日本の熟年男性、“お人形”に走る──。 ドイツ最大の週刊誌「シュテルン」が、衝撃を持って報じた。ラブドールと暮らす男の満ち足りた、だがあまりにも切ない日常を、生々しい写真とともに紹介している。 ナカジマ・センジ、61歳。奥さんも子…

コロナ禍での性ドール

依然として世界中で猛威を振るう新型コロナ。人々の生活に多大な影響を与えているが、それは消費の動向についても同じだ。ロックダウンや外出自粛が解除された現在でも、意識的に自宅で過ごす時間が増えたという人は多い。しかし、そんな中で“あるモノ”の売…

人工知能を搭載するラブドールは不気味になるって?

「世界一精巧なラブドール」を約20年間つくってきた会社は、VRシステム「Oculus Rift」のインターフェイスや、自宅にいないときもドールとやり取りできるアプリを開発しているそうだ。また、リアルな人工知能ロボットヘッドも開発中で、既存のリアルドールの…

ラブドールの使用後の感想

先月に私はあるデカイ尻をしているラブドールを購入した。自分は社会人として、毎日つまらない仕事をしていて、彼女まだできないし、そこで一気に購入したの。注文したあと、五六日くらいで届いた。すると、私は届いたラブドールの梱包を解いて、なかに横に…

シスコンの未来

シスコンとしての僕にとっては、最も我慢できないことは四六時中姉さんが見えないっていうことなんだ。これは全く言い過ぎじゃなくて、僕が姉さんに対する感情は一般的な兄弟の間の感情を徹頭徹尾に超えてしまった。だが、残念なことに、姉さんは僕が彼女に…

あの頃の兄嫁

日が遂々暮れてきて、俺は家に近い公園のベンチに座って、タバコを吸いながら、携帯の画面をじっと見つめてる。兄嫁は今時何をしてるのかとか、あの事以後、彼女は俺のことをどう思ってんのとかっていうような疑問が絶えず頭から湧いてきてるが、今の俺は彼…

SMプレーの極み

SMプレーっていうのは性的に虐待することとそれを受けることです。もちろん、両方ども自発的だっていうのは前提であるのだ。SMプレーは人々に受け入れられるにしろ、断固に反対されるにしろ、すでに性的に或いはセックス中に最も重要な一環になっている…

小児愛者であろうと、引け目を感じるな!

私は正真正銘の小児愛者である。以前変わりなく、誰よりももっと年下の女の子が欲しいんだ。だが、沢山の小児愛者は自分が小児愛者であることを言い出す勇気すらないどころか、自分が小児愛者だということを恥にし続けている人もいるんじゃないか。その二つ…

鬱病だった私はラブドールに徹底に解放された

私の言い方で説明すれば、鬱病というのはやる気が全くないし、何事に興味全くないし、いつも自分自身に悪いこととか無意味なこととかばかり考えまくって、或いは自分自身に自信が全然ないし、臆病であることを確信してしまうしという見た目が劣等感だけを抱…

ラブドールを使う人が世界で最も善良だと思っている

「ええ、あいつはラブドールなんか使っているとは、キモイ」とか、「キモいオタクに決まってる、現実世界に彼女がどうしてもできないゴミだからなあ」とかっていうような皮肉めいた言葉を私はよく耳にしている。 こんなひどい言葉を浴びせられた人はきっとた…

とある足フェチの自白

俺が足に興味が生じたのは高校の頃です。 あの時、周りの友とクラスの男同士はみんなエロい動画についての話を絶えずしていたが、俺は最初からそれにあまり興味なしだ。ある日まで至って、俺は母についてのAVビデオを見ちまったせいで、その以後に足に夢中に…

変な性癖を持っても、心配なく!(妊婦編)

この世に各個人は性にそれぞれの変な性癖を持ってるものだ。が、現実は非情すぎで、変な性癖を持っている人は一般にほかの人にバレることを恐れてるだけでなく、親しい友とか、家族等にさえ言えない場合も多いでしょう。 でも、そんな性癖を持ったら持ったで…

このラブドールは学生時代の片思いを終わらせてしまった

僕の高校時代に、とある綺麗な女の同級生に恋をした。いまさら何十年ぶりのたくさんのことを振り返っても、何らの意味もないと思っているけど、僕は未だあの時のあの女の子を忘れらたことがない。 高校生の頃にはいつも夏の記憶がもっとも代表性を備えて、僕…

ただの十万円以下のラブドールは私の心を救ったとは???

私の名前は空条仗助、年齢はもう三十二歳になりました。今は日本に住んでいる、離婚で独身しているけど、自分が独身ではないと思っている、なぜなら、私は自分の心を救えるラブドールがあるんです。これから、私は自分がラブドールに救われた物語をみんなに…

ラブドール=女性嫌悪???(後編)

展示観覧客のうち一部はSNSや国立現代美術館のYouTubeチャネルなどにコメントを書き込み、「作家がラブドールを作品の題材にして、この作家を公共機関が『今年の作家賞』の候補としたこと自体が巨大な女性嫌悪(ミソジニー)」と主張する。また「…

ラブドール=女性嫌悪???(前編)

日本でラブドール(成人用人形)で有名な人がいる。中島千滋さん(63)だ。中島さんの狭い家には人と同じ大きさの人形が5体ある。妻と2人の子どもがいる家長ではあるが、家族と別れて暮らす中島さんは、人形を入浴させ、一緒にテレビを見て寝るなど日常…

芸術に達したか、「ラブドール」は?(後編)

美術館に収蔵されても不思議じゃない 山下さんは、明治時代の頃に見世物のため人間そっくりに作られた「生人形(いきにんぎょう)」が近年、美術品として再評価されていることを挙げ、「ラブドールは『現代の生人形である』と僕は思っています。将来的に、美…