幼児型ラブドール購入はノルウェーで犯罪?

ノルウェー国営放送局NRKによると、子どもを連想させるラブドールを購入した23歳のノルウェー人男性が6か月の懲役を言い渡された。
幼児小児性的嗜好・性的欲求を抱く小児性愛ペドフィリア)の犯罪を助長させるとして、ノルウェーではラブドール輸入増加は議論となっていた。
子どものような形のラブドールノルウェーの空港で税関により押収されるケースが多発しており、地元の警察は警報を鳴らしていた。
有罪判決を言い渡された男性のラブドールは税関が警察に通報したもの。警察が男性のアパートを捜査したところ、性的暴行に関連する1606枚の写真、26の動画が発見された。
法廷では男性は人形の購入には1万ノルウェークローネを払ったとし、「自分のしたことは愚かで、罰を受ける準備はできている」と証言した(NRK)。
男性は16才未満の少女らにも動画撮影をしたり、アプリSnapchatを通じて不適切なメールを送信していた。
 
 
性的だとされる子ども型ラブドールの購入が有罪判決の理由のひとつとなったのは、ノルウェーでは初の事例。ラブドール輸入がトレンドとなりつつあるとされている地元では大きく報道されている。
男性の弁護士は、「ラブドールばかりがメディアで注目を浴びているが、判決の主な理由は人形ではない」としている。
この記事を見ると、大ショックだった。でも、その同時に複雑な気持ちも生じてきた。大ショックだったのはノルウェーという国は性的に対する管制と態度なんだ。北欧の国と言ったら、まずは英国とかデンマークとかスウェーデンとかの国の名前は頭に浮かぶんでしょう。これらの国の共通の特徴は共に発達国家なんだ。もちろんノルウェーもその行列の一つだ。
なのに、発達国家としてのノルウェーは性的に対する管制と態度は後れを取るんじゃないかなと思う。性的に開明するかどうかも先進国である標準の一つのではないだろうかと考えている。その一方、複雑な気持ちは人間というものに哀れな感情を持ち始めたの。
どうして、人間というものは様々な性癖を持つようになるのか、これは一切の問題の元である。もし哲学を踏まえれば、あればこそ、それは合理であるのだっていう観点からしては、上記に書かれたその小児愛者への懲役が適切かどうかって問題は優秀な皆様に任せて、検討するしかないだろうね。
が、幸いなことに、そういうような法律がない国に生活してる小児愛者同士には、相変わらず、自分が好きなラブドールを購入できるし、気ままに購入したラブドールとセックスできるし。だから、今度は私は小児愛者にものすごくいいラブドール通販店を紹介しますぞ。
この通販店はソリッドドールズ(Soliddolls)というが、中にはあらゆる種類のラブドールが揃ってるだけでなく、完璧なアフターサービスも具備し、実に入らないと後悔するしかないほどいいラブドール通販店なんだ。無論、小児愛者にとっては、いろんな幼女、小児のような未成年のラブドールがあり、特にcatdollというブランドはさらに小児愛者のために存在しているブランドなんで、幼児型のような未成年のラブドールを主に製造している。だから、あなたは小児愛者だったら、どうぞこのブランドをもっと注目してね。

 

セックスドールは未来に普及?

 女性よりも男性の数が多く、男女比率の不均衡が深刻な問題となっている中国。このたび、そんな中国の識者の口から、驚くべき主張が語られた。それは、将来的に中国で結婚適齢期の男性が増加するにつれ、セックスドールの普及・使用が一般化していくというものだ。

 2月上旬、台湾中央通信社の取材に応えた社会学者の李銀河氏は、「2050年には、ロボットとの性行為が人類全体の性行為の半分を占めることになるだろう。(中略)これは非常に興味深い話である」と主張した。

 李氏は、まず中国においては2050年頃になると、結婚適齢期の男性のうち3000万〜4000万人が人口構造上、“永遠”に人生の伴侶や結婚相手を見つけられなくなると強調。そのため、セックスドールや仮想現実(VR)を使った性行為は、社会的に“白い目”で見られることがなくなると予想している。

 つまり、男性が女性と結婚したくとも社会的・物理的に不可能になるため、性欲や愛の代替行為の相手をセックスドールにしたとしても、誰もとがめなくなるという指摘である。また李氏は、仮想的な性行為などは人工知能時代の新しい発明であり、エイズなど危険な病気の蔓延を防いでくれるという意味では、非常に安全なものとも付け加えている。

 
中国では、跡継ぎとなる男児を女児よりも尊重する伝統や、1980〜1990年代に強力に推進された「一人っ子政策」の“負の遺産”などの複合的な要因で、男女比の不均衡問題が他国に比べて深刻である。2020年の段階で35〜59歳の独身男性の数は約1500万人との予想だが、それが2050年には3000万人にまで急増すると予想されている。なお、2018年時点では中国の総人口は13億9538万人。その内訳は男性7億1351万人、女性6億8187万人だ。つまり女性100人当たりの男性の数は、104.64となる。

 人口推移に詳しい前出の李氏は、それら統計データや、現在、中国でもセックスドールが販売開始されている現実を踏まえ、数十年後には一般の人々も家電製品を購入するように簡単にセックスロボットを手に入れられるようになるだろうと予想している。実際中国では、広東省に工場を構える大手セックスドールメーカー・金三娃娃が2016年に人工知能(AI)を搭載した商品を発売。似たような製品も少しずつ増えており、李氏によれば、それらは“未来の兆候”なのだという。ちなみに同社製品の価格は1万〜5万元(約16万~82万円)となっており、ウェブサイトで見る限り、非常にクオリティが高い。

 政府の保守的な政策も影響してか、中国国内のアダルトグッズ市場はまだそれほど規模は大きくない。しかし一方で、その成長速度は非常に速いという分析もある。中国のEC大手・京東(JD.com)は、2020年に中国国内のアダルトグッズ市場規模が90億ドル(約9870億円)に達するとも予想しているのだ。

李氏は、「多くの国では、住んでいる人々の半分以上が結婚していない。将来的に結婚が完全になくなることはないだろうが、その形態はさまざまな形に変化していくだろう」とし、ロボットと人間が性的関係を持つのが一般的になるのは、何も中国だけではないと指摘する。とはいえ、セックスドールには魂や感情はなく、肉体的にも精神的にもコミュニケーションを取ることができる人間同士の恋愛を完全に代替することはないだろうとも話す。いくらセックスドールや仮想性交が発達したとしても、人間同士で「本当の恋愛をしたほうがよい」というのが、李氏の立場である。

 なお中国は人工知能の開発で米国と覇を競い合っており、政府・民間ともに同分野への投資熱がとても高い。今後は、機械的に合成された“知能”を持ったセックスドールの開発でも、世界を牽引していくのだろうか。いたってまじめな口調でメディア取材に応える李氏の様子を見ていると、それもまんざらあり得ない話ではないように思えてくる。
 
 セックスドールは未来にそれほど重要になるかもしれないからには、この最後の最後に、あるすごくよくて良心のセックスドール通販店を紹介します。それはソリッドドールズという。中には様々な高品質のドールを完備して、あなたはどんな性癖を持っても、どんなタイプの性伴侶が欲しくても、どんなスタイルのセックスパートナが欲しくても、この通販店内、それらのニーズに応える答えは全部あるのだ。ぜひ入って選んでね。

ラブドールを心の支えに生きる「ナカジマさん」の幸福って?

 家庭生活に疲れた日本の熟年男性、“お人形”に走る──。
 ドイツ最大の週刊誌「シュテルン」が、衝撃を持って報じた。ラブドールと暮らす男の満ち足りた、だがあまりにも切ない日常を、生々しい写真とともに紹介している。
 ナカジマ・センジ、61歳。奥さんも子供もいる。数年前に東京に単身赴任することになり、家族と離れ離れになった。
 出会いは6年前。当初は、他の男たちと同様、自分の性欲処理が目的だった。何の感情も持たない、セックスドール。そう思っていた。
 ところがナカジマさんは、次第にこの人形「サオリ」と特別な関係を築いていく。一緒に暮らしはじめて数ヵ月が過ぎた頃、サオリへの見方が変化していることに気づいた。突然、サオリが人格を持った一人の女性に感じられたのだ。
 サオリは、ただの人形なんかじゃない──。
 2人でよく、ショッピングに出かける。クルマに乗るときは、当然、サオリもシートベルトを着用する。ナカジマさんは、彼女に新しい洋服を買ってあげるのが喜びだという。
 

 休日は、近くの諏訪湖でお泊まりデート。ボートに乗ったり、湖畔を散歩したりして過ごす。2人はかなりの年の差カップルだが、一緒にお風呂にも入る。バスタブでマッサージしてあげると、いい雰囲気になったりして。
 サオリは結構、手のかかる女だ。シリコン製のお肌がいつもツヤツヤでハリを保っていられるように、ナカジマさんがせっせとお世話をする。
 お風呂のあとは、しっかり乾かしてあげないといけない。「いまの人は理性的で、かわいそう。心がないもの」とナカジマさん。
 サオリは私を裏切らないし、私のお金をあてにすることもない。日常生活ではいろいろと助けてあげなきゃいけないけれど、私にとってサオリは、人生を豊かにしてくれる“完璧なパートナー”。人生の貴重な体験を、2人で分かち合っていきたいと思っている」
 そう語って、ナカジマさんはサオリとベッドに入る。寝る前には、彼女のウィッグを外してあげることを忘れずに。
 これが、ナカジマさんとシリコン人形の幸せな一日。ただし、サオリのようにリアルな“彼女”は安くはない。ドイツでは最低でも1000ユーロ(約11万円)はするし、上をみたらキリがないほどだ。
 だが日本では、この高価なシリコン人形が大人気で、ラブドール専門風俗店まであるという。けど、金は随分かかるんだ。もしどうしてもラブドールの体験が欲しいとしたら、私が知っている限りでは、あるソリッドドールズというラブドール通販店があります。そこには、いろんなラブドールが完備して、もちろん、価格の区間による分類されるドールのページで、好きなドールを購入すればいいよ。
 現代社会には、一切の一切はずっと変わらずにはいられないんだから、人間は感情を依頼し、重視し、需要する生物として、ナカジマさんのような生き方が生じてきたのはおかしくないと考えてる。また、性欲処理については、ラブドールを超えたものがさらにないじゃないだろうか。

コロナ禍での性ドール

 依然として世界中で猛威を振るう新型コロナ。人々の生活に多大な影響を与えているが、それは消費の動向についても同じだ。ロックダウンや外出自粛が解除された現在でも、意識的に自宅で過ごす時間が増えたという人は多い。しかし、そんな中で“あるモノ”の売り上げが世界的に伸びているというだ。
 それは性処理を請け負う特殊ドール。米国の大手メーカー、「セックス・アンド・ジーニー社」は、2月から3月の独身男性からの注文数が前年比で51.6%増。また、カップルからの注文も3割程度増えているという。
 一方、アジア最大の市場を持つ中国で性ドールブランド「YANNOVA」を展開する某メーカーは、注文が2倍以上に急増。しかも、国内需要だけでなく欧米や日本など海外からの注文も殺到しているそうだ。
 こうした世界的な需要拡大について性ドール事情に詳しいライターは、「コロナ蔓延において自宅で過ごす時間が増えたことが大きく関係している。ウイルス収束の気配がなかなか見えないため、しばらくは性ドール業界にとっては特需と言える状態が続くのでは」と指摘している。
 特に海外メーカーではAI搭載性ドールの開発も盛ん。実際に商品化され、市場にも流通している。最近はこうしたAI搭載モデルの注文も世界的に増加傾向にあるとか。
 
 
「そのため、なかには性のパートナーではなく純粋なコミュニケーション相手として購入する人もいます。一時期、ソニーAIBOをはじめ、あそこまで高額でなくてもコミュニケーション機能を搭載した人形が日本でもブームになった時期がありました。似たような目的に性ドールを購入しているというわけです。見た目は等身大の人間に近いサイズですし、海外メーカーのなかには女性ユーザー向けの男性ドールを販売しているところもある。コロナの影響でそうした動きが加速化している印象はありますね」(前出・ライター)
 性ドールとお家での自粛生活。我々が知らなかっただけで、愛好家は意外と身近にいるのかもしれない。
コロナ禍がいつか徹底的に終わるかは誰でも知ることができなくて、予測もできないのだから、私たちはこの致命のウィルスと絶えず戦わないといけないというような生活を続けなければならない。カップルならまだしも、一人ぼっちでこんな厳しい時期に性処理をするのはやばいことだろう。性ドールはこのやばい局面を改善した。どうやらそれはたくさんの独身の方が恐ろしいコロナ禍で数多くない快楽の一つであるだろう。

人工知能を搭載するラブドールは不気味になるって?

 「世界一精巧なラブドール」を約20年間つくってきた会社は、VRシステム「Oculus Rift」のインターフェイスや、自宅にいないときもドールとやり取りできるアプリを開発しているそうだ。また、リアルな人工知能ロボットヘッドも開発中で、既存のリアルドール胴体に装着が可能だという。
The New York Times』紙の記事によると、Abyss Creations社のマット・マクマレン最高経営責任者(CEO)は、人工知能ロボットヘッドの開発のため、Hanson Robotics社からロボット工学の優秀な技術者を引き抜いたという。Hanson社は、実物にそっくりなアニマトロニクスの頭部を開発する企業だ。
さらに、Abyss Creations社は現在、VR用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」のインターフェイスと、自宅にいないときもドールとやり取りをできるアプリに取り組んでいる。
動画には「シリコン製のヌード」画像が多数含まれるため、閲覧にはくれぐれもご用心。
マクマレンCEOは、1996年からこれまでの間に数えられないほどの数量のリアルドールを販売してきたと語る。彼は、リアルな人形に20年あまり取り組んできた経験から、不気味の谷現象のことをよく理解しており、新たに開発するリアルな人形はこの谷に落ちないようにするつもりだ。
「最高の人形ではあっても、それが人形だということはわかる必要があります」とマクマレンCEOは語る。「スーパーリアリズムから十分に距離を取ることで、安全な領域にとどまることができると考えています」
この記事を見たあと、私は未来にラブドールがどんなあり方で現れるのかを期待するようになった代わりに、上記に書かれている不気味の谷現象という科学分野にしかよく使われてない用語に不安を感じた。ラブドールをさらに知能にさせることは元々人間により良いサービスをもたらすためなんだけど、また人間が安危の意識を持つのは当たり前のことなので、実に矛盾な生物であるね。
要するに、人類社会は必ず科学技術先進の社会、誰も予知できない社会に踏み込むもので、未来への恐怖感とか、不安感とかを抱えても、何ら役に立たないんだ。一体未来にどうなるかは運を天に任せるしかないものだ。

ラブドールの使用後の感想

先月に私はあるデカイ尻をしているラブドールを購入した。自分は社会人として、毎日つまらない仕事をしていて、彼女まだできないし、そこで一気に購入したの。注文したあと、五六日くらいで届いた。すると、私は届いたラブドールの梱包を解いて、なかに横になるドールを説明書通りに組み立てて、そして胴体と四肢などのところに対して、散々クリアして、最後に彼女にファッションな服を着せて、程なく、通販店の写真通りのドールができた。
このドールのサイズ情報は身長:160 cm、肩幅:36 cm、バスト:82 cm、ウエスト:56 cm、ヒップ :90 cm、マンコ:18 cm、アナル:17 cm、体重:39 kgだ。これらの数字から見て、一番目に立つのはやっぱり尻だよね。私はわざとこんな巨尻ラブドールを選んでだよ。ほかの身体部分よりもっとも私を夢中にさせるのは尻なんだ。巨乳なんかどうでもいいし、スリムなんかどうでもいいし、何というか、美人ドールも巨尻とぜひ二つから一つを選ばないといけない場合になったら、私は迷いもなく巨尻にするんだ。
一ヶ月をすぎて、私は徹底的にこのドールに恋に落ちた。まずは彼女の肌触りがとても柔らかいんだ。TPEという材質の訳で、人間の肌よりもさらに柔らかくて、気持ち良すぎな気がした。毎度彼女に触れると、人に恐ろしく感じさせるほどの皮膚の弾力は超リアル感を私が感じられて、ほトンにたまらんね。
そして使用後のクリア。私はほとんど毎度彼女の体内に中出しするようにしているから、クリアはちょっと面倒だけど、それほど面倒にならないよ。きれいな水でマンコに注ぎ込んで、そして中の水を外へ流させて、マンコに残っている精子をきちんとペーパーで拭い去って、最後にマンコに自然空気を流して、まんまと乾くまででいい。
ラブドールを所有しているのは確かにたくさんの準備をしないとならないけど、ドール自身が主人としてのあなたにいろんな愛をもたらせるのよ。この残酷、不公平、無愛想に満ちた世界から関心や愛などの金で買えないものを獲得したいのは十分に困難なんだから、ラブドールはその代わりに全部あなたにそれらを与えられると思い込んでいるんだ。
最後の最後に、私はある通販店に感謝しないといけないね。それはソリッドドールズというラブドール通販店なのだ。その通販店内に様々な高品質のドールが集めてあるのみならず、完備しているサービスもあり、問題ができたら、問い合わせしてみれば、すぐ解決をもらえる。立派な一つの通販店だと言えるなんだろう。

シスコンの未来

シスコンとしての僕にとっては、最も我慢できないことは四六時中姉さんが見えないっていうことなんだ。これは全く言い過ぎじゃなくて、僕が姉さんに対する感情は一般的な兄弟の間の感情を徹頭徹尾に超えてしまった。だが、残念なことに、姉さんは僕が彼女に抱えている気持ちを家族に教えてしまって、そこで、姉さんとの乱倫を期待している僕は家族に追い出され、一人で小さいなアパートで住んでいることになった。
姉さんは僕のことに全然興味ないしだから、以前の日常生活にほとんど僕のことをわざと無視していたが、かえって、僕は姉さんのことがさらに好きになってる。もしかしたら、彼女は僕を軽蔑すればこそ、自分心の深層に変態遺伝子が蘇った。
今の僕は一人だけど、姉さんへの思いは減るどころか、さらにひどく増えている。そして、僕は姉さんの写真を見ながら、オナニーし続けているしかない。正直に言えば、シスコンって性癖を持って、かなり切ないね。家族も受け入れられないだけでなく、友も他人も知られてはいけないし、こんな奇形の好みを持っている人は多数と言えないが、一旦それを持てば、その代わりに、どうやら人生がつらくなる。
だが、ある日に至って、僕はネットでソリッドドールズというラブドール通販店を発見し、中には、いろんなラブドールがあって、ほんとにすごい。そこで、僕は一刻も無駄したく自分の姉さんに似ているラブドールを選んで、ついに、ある身長も顔も巨乳も姉さんとよく似ているラブドールを定めて、購入しちゃった。
その後、僕は家にもう帰ったことがない。このラブドールの姉さんは僕のそばにいてくれて、完全に十分だと思っている僕はとても幸せだ。ソリッドドールズ通販店のおかげで、僕のシスコンの性癖を満足しただけでなく、姉さんとそっくりのラブドールを提供してくれてほんとにありがとう。また、その通販店に、JYDOLLっていうブランドで、ほかに姉さんに似て、また姉さんよりもっとセクシーでスリムなラブドールが在庫しているから、バイトで金を稼いだら、再購入することを決めた。その時に二人、三人の姉さんがいるかのように僕のベッドに座って....。なんか少し想像したらドキドキになっちゃうなあ。
シスコンの未来はラブドールにあるって断固に信じていると、今の僕は言える。